--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.25 (Fri)

劣等感。 自分。

昨日は若い子たちの座談会にいきました。
毎月開かれている会合で昨日で丸一年。
私は3回目です。

自分のこと、会社のこと、たくさんのことを考えていて、そして悲観的ではなく、いつも勇気づけられます。
と同時に、年食ってる割に何もできない自分にがっかりします。
劣等感ってやつでしょうか。

そこで、昨日からずっと、劣等感の処置について考えてました。
劣等感を感じるのがおかしいからその感情を封じ込めればいい? →そんな心理的負担大丈夫?

劣等感を感じるくらいならそんな場所にいかなければいい? →逃げてるだけだとどんどん行く場所なくなるんじゃないの?

いろいろ考えてるうちに、何に対しての気持ち何だろうと考えました。
言葉をひとくくりにして、自分を全否定する必要があるのかな。と。

そしたら結局、【自分が何をしたいか】 次第だということに気付きました。

自分がやりたいことで劣ってるなら、
落ち込めばいいけど、そうでなければ
そんな必要はない。
ダルビッシュが150キロの球を投げたからって、すごいなと思うだけでいい。

そんな考え方でしばらく過ごしてみます。
違和感があったらまた修正。
スポンサーサイト
08:16  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

仕事をするにあたって、愛社精神のない人と話すと
ものすごく温度差を感じてしまって
それこそ違和感ありまくりです。

全面的に愛社精神を押し出す人も苦手ですが
大事なことだと思います。
かおり118 |  2008年08月02日(土) 10:05 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tosyokansan.blog120.fc2.com/tb.php/200-a85d2e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。