--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.29 (Wed)

なんだか、とっても贅沢。



もう、これだけでおなかいっぱいです。
スポンサーサイト
23:54  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.20 (Mon)

F2Fを否定してみる。

オンラインな人間関係が広がっている世の中で、
「やっぱりFace 2 Faceじゃなくちゃあダメだよ」
という人達がいます。

たしかに、テキストだけのやりとりより、5感を使った方が、濃いコミュニケーションができそうです。
本当に、5感を使えば。
逆に、オンラインのコミュニケーションでは、テキストだけのやり取りだけだからこそ、相手がどう受け取るかを考えて、内容を吟味します。

F2Fだろうが、オンラインだろうが、コミュニケーションの目的は、「相手に伝えること」

F2F顔をつきあわせてるだけで、そのつもりになってしまうなら、むしろ弊害では?
08:46  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.16 (Thu)

組織のかべを超えるために

個人ごとに参加している社内EGMだけど、「組織ってなに?」というのを知るために部署ごとに集計してみるのはどうだろう。

どこの部門が積極的かわかっておもしろいかも。

グローバルって、没個性になることではなくて、個性を尊重しながら、協調できること。
だとすれば、組織の特性を認識しながら、組織の壁を越えることってある意味グローバル。
21:48  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.15 (Wed)

ネットワーク機器に例える

社内SNSでの自分の動きをネットワーク機器に例えるとなんだろうか。

情報を拡散させるHUB?
人脈を辿ってたどり着きたいとこまで導くルーター?
誰がその担当かを教えるDNS?
それとも、使うだけのパソコン?
09:58  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.15 (Wed)

上意下達とEGM

従来の上意下達の仕事のやり方は、「するべきこと」を決めた。 ボトムアップのEGMは「やってはいけないこと」を決める。 ちょうど電車は進む道を予めきめ線路を敷き、車は「通行止め」を決めるように。(通行許可じゃなくて)
09:50  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.09 (Thu)

あなたの心 UNLOCK!

制約や制限って自分が頭の中でつくっている。 それを壊す手っ取り早い方法が「体験」
それから、信頼できる筋(メディア、知人)からの情報。

「豆腐で走る自動車」と言われても信じがたいけど、自分で乗ったり、テレビでみたり、知人に「載ってきたよ」と言われたりすると、あると思える。

そうすると、「プリンで飛ぶ飛行機」
って言われても、「有り得ない」と思考を停止せずにあるのかなと考えてみれる。

「大気圏突入しても燃えない紙ヒコーキ 」
こっちは本当にあるらしい。
07:23  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.06 (Mon)

ホンマなんやで

「夢をかなえる象」を読みました。
中身は、いわゆるHOWTO系なんですがストーリー仕立てになっているのと、何より、象が大阪弁(細かいこというと、≒関西弁)で話すので、心理がよめて面白かったです。

話は飛びますが、先週、転勤になる友人の送別会をしました。急な開催にも関わらずたくさんの出席がありました。
中でも、同郷の人達に対しては、お国言葉で話せて楽しかったと、主賓も喜んでました。私には、何のこっちゃわからへんような会話でしたが。

いま、グローバル化は必須と言われている時代ですが、それは、共通化することなんだろうか。

そうやなくて、地方色やその個性を活かすことが大切なんちゃうん?。
国際化もええけど、国という個性、地方という個性を活かすことが個人の個性を活かせる世の中にするんや。そんな世の中の方がオモロいやん。

ホンマのことなんやで。
08:19  |  携帯から  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。