--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.31 (Thu)

農薬ギョーザ

いつも、朝の情報源は、めざましテレビです。
今朝、気になったのは、JTが中国から輸入している冷凍ギョーザに、農薬が混入していたため、何人かの方が、嘔吐などの症状が出ており、メーカー側は自主回収をはじめているとのこと。
『また、食品かぁ』
『食の安全神話って本当に崩壊だな』
『メーカーはすぐに自主回収始めたり、さすがに経験積んだな』
とか、いろいろ思うけど、一番気になったのは、やたら『中国製』を強調してたこと。
街頭インタビューで、
中国製なんですけどどう思います?って聞いて、
『やっばり』って言わせてみたり、
家庭用だけじゃなく、業務用の加工品も回収対象になっていることので、消費者が気を付けるだけでは食べてしまうことを防げないという話の中で、高島アナが
『店側は中国製材料を使っていませんと表記してほしいですよね』
と言ってみたり・・。
確かに感覚はわからんことないけど、中国製が全部悪いわけでも、中国製いがいは全部安全って訳でもないだろうに。。

問題は、どの工程で事故が起きて同じ工程を経ているものが他にあるかなのに。
スポンサーサイト
08:05  |  すこしまじめ  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.28 (Mon)

なんでも鑑定書

ブログパーツ



ということらしいです。

タグ : ネット上のおもしろいもの

23:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.27 (Sun)

「あなたの記事がだれかを傷つけても削除しなくていい、いくつかの理由」を読んで。

あなたの記事がだれかを傷つけても削除しなくていい、いくつかの理由
読んで感想。 


ネット上のいろいろなの個性や想い、伝えることの難しさが、感じられました。
それはさておき、この考え方を記事じゃなくて、「行動」にして、リアルに
当てはめても同じようなことがいえるような気がしたので、メモ

つまり、自分の行動によって、意図せずに人を傷つけてしまった
(と思われる)とき、その行動をやめてしまうのかどうか


○完全に削除したら復帰できない
  → 完全に捨ててしまったら、続きができない。 
○どんなに大きくなった騒ぎも、絶対に沈静化する。
  → 第3者が何を言おうが、飽きていつかは落ち着く。
○削除によって誰かが「救われる」ことはない。「清々した!」という感想を持つ可能性はある
  → 行動を起こして人を救うことはできるかもしれないけど、行動を引っ込めてしまえば、
    誰も救えない。(むしろ、ほうらね、すぐやめちゃうような覚悟でしょと・・)
○元記事がないと、あることないこと言われ放題になる。
  → こっちが引っ込んでも、相手は存在し続ける。


加害妄想で、「生きるのをやめてしまう」とか、
良かれと思った企画で、大変になる人たちが見えてしまったので、
企画を引っ込めてしまうとか、そんなことをあせって決断する前に、
ちょっと、横においておいて、別ごとをやっていて、
考えてもいいんじゃないかな。


タグ : 働き方 cool!

15:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

共感を得るにはプロセスの共有が必要。

相手の思慮が浅いんじゃなく、いきなり話すからついてこれないのかも。
説明によけいな時間はかかるけど、チームとしていい結果がでる。

本日の座談会で聞いた話。若いのに良いこと言うなぁ。
立派な若い人達をみて、焦りや妬みを感じるけど、良い言葉だなぁと。

もうひとつ、
『ITを使ってリアルの手を抜いちゃいけない』
メールが来てるから、ブログを見てるから、って友達と会う頻度を減らすとかって、本末転倒?

とにかく、刺激的な会合でした。 本気で将来は明るいと思った。
00:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.18 (Fri)

handsout


オープンソースのプログラムとか、
Wikiによる、共同編集とか、
「みんなで協同、共有すれば新しいことができる」
というのはわかるけど、
まさか、プレゼン資料まで共有する時代になるとは。。

たしかに、プレゼンターにとって露出の機会が増えるのは、
いいことなのかもしれないけど、どうなのかな?
とおもったら・・

Web2.0コンセプトと企業の戦略の資料とかはいい感じです。

興味深い話が書いてあって、間に企業の紹介(宣伝)が入っている。。
こういうものができてくると、「どこで、いつプレゼンしたか?」より、
「何をプレゼンしたか?」がますます重要になりますね。

それは、ブログなどのインターネットの普及によって、
「新聞や、テレビに載っていることをただ信じていればいい」時代から、
「媒体にとらわれず、中身の真贋を自分で判断しなければならない」
ことになったのと同じでしょうか。

いろいろな情報発信の場ができることはいいことですが、
人様に見せられるような中身がないと・・・ つらい時代になりましたね。
22:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.08 (Tue)

この本の次は、この本が読まれています。

またもや、通勤中に思いつき。
Amazonとかの、『この本を読んだ方は、この本も読んでいます。』
に、時系列を入れたらどうだろうか。
いろんなジャンルの、入門書から、中堅、マニアックなものにハマるまでが道しるべとして記される。
一本道だけではなくて三本ぐらいに別れていて、どの道順をたどるかは、自分次第。
ミステリーを読み進んでたつもりが、歴史小説にたどりつき、歴史好きになったり面白いと思う。
もちろん、今までも、特定の権威や有職者がオススメを示すことはあったとおもうけど、それらと違うのは、利用者の実際の辿った軌跡を使うということ。
図書館で、本を手にしたときに、その前後に道が見えたら、楽しく無いですか?
しかもそれが誰か一人の思い(思い込み)じゃなくてみんなの実体験に基づく。

対象は、本とはかぎらない。
ツタヤで借りる映画でもいいし、研修でもいい。
キャリアパスでも。
『財務担当者は、現場営業経験者が多くて、財務のあと法務担当になってます。』
みたいなのっておもしろくない?
09:09  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.07 (Mon)

仕事はじめ

今日から仕事はじめです。
ほんっとに毎度毎度のことですが、休みって終わってみるとあっというまですね。
ともあれ、社会人にとっては、今日から新年です。
頑張りましょう!
(あとで、高島易を追記)
07:02  |  日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.03 (Thu)

Web2,0とニュータイプ。

アニマックスで、Z三部作を見た。
新訳というより総集編?

常人には、何だか分からないけど、そのうち来そうで、威力がありそうで、けど明示出来なくて。。
と言うところが似てると感じた。
「離れたところでも認識力と理解力を発揮する」ってあたりも。
今までの尺度で生きているオールドタイプに理解させる事ってできるのか?
文字どおり次元が違うのに。
俺が理解出来ているかどうかも分からないのに。
14:59  |  すこしまじめ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.01 (Tue)

あけおめことよろ!っていうか謹賀新年?

帰省したら、実家のTVが、世界の亀山モデルになってた。。
しかも、デジタル放送対応なのに見れないのは損だと言うことで、ケーブルテレビにもはいった。
アニマックスで、初めてケロロ軍曹みた。面白いかも。
12:31  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。